ニードル脱毛の仕組み

全身脱毛NAVI > ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛の仕組み

美容外科や皮膚科などの病院では「ニードル脱毛」が行われています。

 

個人専用の細い針を毛穴1つずつに刺して弱い電流を流すことで毛を作る細胞を破壊する仕組みです。

 

毛穴1つずつに処理できることから眉毛やヒゲなど一部分を脱毛したい時や、どのような肌質でも対応できることから他の脱毛方法では処理できなかった部位に適した方法であり、永久性の高い脱毛方法であると言えます。

 

一方で施術の際にはかなり痛みを感じると言われており、病院であれば麻酔をして痛みを軽くすることが可能です。

 

ちなみにエステサロンでも「美容電気脱毛」という名前などで同じ方法で脱毛が行われていますが、病院ではないので麻酔処理ができません。

 

もしエステサロンで施術を希望する場合はお試しプランなどを利用して自分は痛みに耐えられるかを確認することをおすすめします。

 

またニードル脱毛は高度な技術が必要だと言われており、未熟な人が行うと肌トラブルになる可能性もあるため、施術を行う人が今までにどれだけの経験を積んできたかを事前に確認したいものです。

 

万が一肌トラブルになってしまった時を考えて速やかに処置ができる病院か、病院と提携したエステサロンで施術を受けることが望ましいです。

 

>>全身脱毛サロンランキング最新版を見てみる!