光脱毛とレーザー脱毛の違い

全身脱毛NAVI > 光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛方法には、光脱毛とレーザー脱毛という方法があります。

 

どちらも同じような脱毛方法という印象が強いかと思いますが、具体的な違いについて確認してみましょう。

 

まず光脱毛とは、主に脱毛エステサロンで行われている脱毛方法です。

 

フラッシュ脱毛、IPL脱毛などと呼ばれることもありますがいずれも光脱毛のことです。

 

光の照射による熱を、毛の黒い色だけに反応するように設計されています。

 

基本的にはムダ毛にしか反応せず、他の皮膚の部分には影響を与えないことから安全性が高く、痛みもさほど強くは感じないといわれています。

 

比較的広範囲の処理を一度にすることが可能なのですが、完全に処理が完了するまでには複数回施術を行う必要があります。

 

対してレーザー脱毛とは、医師がいる医療機関やクリニックで行う脱毛方法です。

レーザー脱毛は医療行為になるので、脱毛エステサロンで取り扱いができません。

 

脱毛の仕組みは基本的に光脱毛と同じですが、光脱毛よりも出力を高く設定できるのでより脱毛効果が高いです。

 

その分照射範囲は光脱毛より狭く、感じる痛みも光脱毛よりは強いと言われています。

 

料金も光脱毛よりは高くなる傾向があります。

 

どちらの方法も黒い色に反応する光の熱を利用して行う脱毛方法のため、日焼けをしている方やメラニン色素が強い部分には脱毛処理ができない場合があります。

 

どこで処理を行う場合でも必ず事前にカウンセリングを行なってから施術をしますので、不安に感じることがあれば遠慮なく質問をして、納得したうえで施術を行うようにしてください。

 

>>全身脱毛サロンランキング最新版を見てみる!