全身脱毛できない場合

全身脱毛NAVI > 全身脱毛できない場合

全身脱毛できない場合

以前は、サロンでの脱毛はかなり高価で、なかなか気軽に足を運ぶことができませんでしたが、最近は非常に安価になり、価格競争も手伝って、ワキの脱毛であれば、ちょっとしたランチ程度の価格で回数無制限で行えるなど、非常にチャレンジしやすくなりました。

 

全体的な価格が安価になったので、これを機に全身脱毛にチャレンジしたい!と思う方も多いかと思います。

 

全身脱毛もかなり安価になり、コースでもお安いですし、月額定額制で全身脱毛を行ってくれるサロンもあります。

 

そんなサロンでの脱毛ですが、肌の状態などによって、全身脱毛ができない場合があります。

 

具体的に、全身脱毛ができないケースというのは、どのようなときなのでしょうか。

 

まずは、日焼けをしている方です。これは各パーツの脱毛でも同じですが、光脱毛は、メラニンに反応する光を照射することで、脱毛処理を行います。

 

日焼けの色素もメラニンなので、メラニンだらけになってしまうと、光が正確に毛の奥にある発毛細胞にアプローチすることができません。
そのため、正常に脱毛処理が行えないのですね。

 

サロンでのカウンセリング時にも説明があるかと思いますが、全身脱毛をする前には、日焼けをしないように気をつけましょう。

 

そのほかに全身脱毛ができないケースとして、肌にトラブルがある場合が挙げられます。

 

重度のアトピー性皮膚炎だったり、過度な敏感肌の場合は、施術後にさらに肌のトラブルが発生してしまう可能性がありますので、全身脱毛ができないことがあります。

 

こちらについても、カウンセリング時に判断されるかと思いますので、トラブルがある方は、事前にきちんとサロンのスタッフに申告しておくようにしましょう。

 

カウンセリングは無料なので、気軽に相談に行ってみて下さいね。

 

>>全身脱毛サロンランキング最新版を見てみる!