ムダ毛の自己処理はなぜ危険?

全身脱毛NAVI > ムダ毛の自己処理はなぜ危険?

ムダ毛の自己処理はトラブルだらけ!?肌リスクと注意点を解説

ムダ毛の自己処理のトラブル

誤った自己処理は肌を傷つけると分かってはいるものの、ついついムダ毛が気になるからと自己処理を続けてしまう人も多いのではないでしょうか。特にカミソリで処理をしている女性はとても多いはず。適切な自己処理の方法を知って、肌をいたわりながら、きちんとしたムダ毛処理が出来るようになりましょう。

自己処理にはこんなリスクがある

自己処理をした後の肌は少なからずダメージを受けているので、いくらたっぷり泡やクリームをつけて行っても、回数を重ねるごとに、皮膚の角質が剥がれてきてしまいます

角質には水分や油分が含まれますので、剥がれた肌はカサつきやすく、乾燥しがち。角質は皮膚を覆う役割を果たしているので、なくなってしまうと肌がくすんで見えたりしてしまいます。

自己処理のリスク

カミソリ

カミソリを肌に当てて毛を剃って行くとき、皮膚の表面も傷つけてしまいます。さらに肌の潤いを保つことが出来ず、乾燥肌になりやすく、それによって肌荒れを引き起こす場合も。カミソリ負けによる赤みやかゆみが出やすくなってしまいます。

毛抜き

毛抜きは抜き取る際に痛みがあり、毛穴に負担をかけるので毛穴が炎症を起こします。それを治すため防御機能が働きますが、その働きによって、毛穴そのものを塞いでしまうので、埋没毛になってしまう可能性が高いのです。

除毛クリーム

除毛クリームはほとんどの製品にアルカリ性の薬剤を使用しているので、刺激が強く、肌にかなりの負担がかかります。特に敏感肌の方が使うと、かぶれや赤みなどの炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

ワックス・テープ

脱毛ワックスははがすときに肌の表面も同時にはがしてしまうので、人によっては内出血やかぶれなどの炎症が起きてしまいます。またテープでも肌の表面に負担がかかり、肌がプツプツしてしまうことも。

自己処理で肌を傷つけない方法

カミソリの注意点

  • 複数の刃よりも一枚刃の方が肌への負担は少ない
  • シェービング前にはキレイに洗って、肌を清潔にする
  • 剃る前に肌を温めておくことも大事
  • 逆剃りはカミソリ負けの原因、剃り方に注意

毛抜きの注意点

  • 蒸しタオルで毛穴を開いて蒸らす
  • 雑菌が多いお風呂場で毛抜きはしちゃダメ
  • 毛の流れに沿って抜く、逆らって抜くと途中で切れてしまう
  • 毛抜き後は冷やして毛穴を閉じる

以上の項目を気をつけるだけでも、肌をなるべく傷つけずにムダ毛を処理することが出来ます。どちらの処理方法に関しても、終わった後は必ずアフターケアをしっかり行いましょう。

脱毛した箇所にローション・乳液・化粧水などを使って保湿してあげることがとても大事なのです。自己処理した後は肌へのダメージが少なからず残っているので、面倒くさがらずに肌のケアをして、肌への負担を減らしましょう。

ムダ毛処理はそもそも危険!肌が傷つかない最適な方法とは

自己処理

自己処理は自宅で簡単・手軽に出来てしまう脱毛であり、費用もそれほどかからないことから魅力的な脱毛方法だといえます。しかし処理をした後でも、その効果は意外と短いので週に何回も手入れをしなければならなかったり、肌にダメージを与え、肌にトラブルが起きてしまう可能性があります。

安く済ませるために始めた自己処理かもしれませんが、そういったトラブルを引き起こしてしまっては、結局、治療にお金がかかってしまうので、節約した意味もムダになってしまいます。

脱毛サロンであれば、肌を傷つけることなく、保湿ケアもしっかりと行ってくれるので安心です。面倒な自己処理をしなくてもよくなり、キレイな肌を手に入れることができます。

少し前までは高額なイメージのついていた脱毛サロンですが、最近では非常に安い金額で施術してくれるサロンも増えてきています。自己処理と脱毛サロンのどちらが良いのか、自分に合った方法を選んで脱毛してみてはいかがでしょうか。