除毛クリーム 使い方

全身脱毛NAVI > 除毛クリームの使い方

除毛クリームの使い方

除毛クリームはカミソリに比べると毛が生えてくるまでの期間が長いメリットがあります。

 

しかし、使い方を間違ると乾燥がひどくなったり、赤みやヒリヒリ感がでます。ガサガサ見た目が悪い肌になってしまいます。除毛クリームはどのようすれば安全に使えるのでしょうか。

 

毛のタンパク質を溶かす薬剤を使っているため、肌が弱い方は赤みなどの症状がでることがあります。使用前には必ずパッチテストをしましょう。

 

肌の状態や体調は日々変化しています。一度使って何でもなかった除毛クリームでは、肌や体調の変化でトラブルが出ることがあります。何でもなかったものでも、毎回パッチテストをします。

 

除毛クリームを少量とって脱毛部位に数センチ塗布します。製品に記載されている時間放置してから拭き取って、水やぬるま湯で洗い流します。

 

24時間後の変化を見て、赤みやヒリヒリ感などのトラブルがなければ使っても大丈夫です。変化があった場合はすぐに使用を中止してください。

 

記載されている分量を塗布しないと効果を得られません。少なすぎてもいけないけど、多すぎると肌の負担になるので、使用量を守りましょう。

 

放置時間も記載されている時間を守ってください。長すぎると肌の負担が増えて乾燥の原因になります。場合によっては痛みや赤みがでます。

 

脱毛後は保湿クリームやローションで保護します。保護しないと水分蒸発が進んで乾燥します。乾燥を放置して脱毛を繰り返していると色素沈着やヒリヒリ感につながります。

 

>>全身脱毛サロンランキング最新版を見てみる!